回転寿司?それともファミレス?子供の影響力はあなどれない!

世界的に市場動向分析やコンサルティングサービスを提供しているNPDグループの調査レポートによると、家族で外食に行く際にその約1/4が子供の意見によってどの店に食べに行くかを決めるという調査結果が出ています。「ウチの店はファミリー層をターゲットにしてないから」と言っても子供連れのお客様お断りとお店のドアに貼っておくわけにもいきませんし、ファミリー客だけではなく、それ以外のお客様のリピート来店率も下がってしまうとしたら…。

「あれ食べたい!」よりも「あのお店にいきたい!」

上記のNPDグループの調査レポート(英国)では、レストランなどの飲食店に訪れたファミリー客に対して「なぜこの店で食事することにしたのか?」という質問をしたところ、そのファミリー客の24%が「自分の子供がこの店を好きだから」という回答をしたそうです。つまり外食においてどの店に行くか選択する際に子供の意見は多大な影響力があるということを明らかにしています。

例えば、味のレベルが同等のイタリアンレストランA店とB店があったします。A店は子連れ客に対する特別なサービスはなし、B店はキッズメニューや子供用のイスを用意しており、ちょっとしたキッズコーナーも店内に設けています。子供たちがどちらの店を選ぶかは言うまでもありません。

また、B店に行ったことがある家族が「今度はA店に行ってみよう」ということで初めてA店に行ったらどうなるでしょうか?おそらく子供が騒がないか常に心配しながら、リラックスできずに早々に食事を終わらせて店を後にすることに…親も子供もハッピーな時間を過ごせなかったこの家族が再びA店に行く日は当分来ないでしょう。

さらに、A店で友人と食事をしている女性がいたとしましょう。彼女たちの隣の席に座ったのはファミリー客。親は度々子供を叱っていて、そのうち食事に飽きてしまった子供たちが騒ぎ出したらどうでしょうか?A店はファミリー客どころか、その女性客まで失うことになります。A店の立地は駅前、B店はアクセスが悪かったとしてもB店は固定客をガッチリ取り込んでいるに違いありません。

「子供が好きだから」が店を選ぶ理由

同じくNPDグループのエヌピーディー・ジャパン株式会社は「ファミレス化する回転寿司の次なるチャンスは?」という外食・中食調査レポートをプレスリリースしています。このレポートでは外食市場の食機会数の伸び率を元に好調な回転寿司をピックアップしています。

回転寿司が他業態(ファミレスなど)と比べて子供連れ家族の比率が高いことに着目し、業態別の店舗選択理由も比較しています。詳細は元のサイトでご覧頂くとして、その店舗選択理由の中で回転寿司は「子供連れでも入りやすい」よりも「子供が好き」という理由が多いことから、親以上に子供に支持されていると分析しています。

都内にもある「子供と一緒に行ける」親子カフェ

外食で大きなシェアを占めている「おひとりさま」のニーズに対しては、焼き肉やラーメンなどで専門店もありますが、子供連れ客に特化したお店もありますのでご紹介します。

SKIP KIDS

「子供たちを安心して遊ばせ、その周りでゆったりとくつろげる。子育てを頑張るママパパのホッと一息つける親子カフェ」がコンセプト。親も子供も食べたくなる美味しくてかわいいメニューはもちろんのこと、イベントを開催したり、大人数のパーティーにも対応できるそうです。ぜひ一度行ってみてはいかがでしょうか?

スキップキッズHP:http://skip-kids.co.jp/

 

子供が選んでくれるお店にするために

キッズメニューもあるし、子供用のイスやぬり絵も用意しているけど、いまいち効果が感じられない、ということでしたらキッズコーナーの設置をご検討されてはいかがでしょうか?キッズコーナーがあれば子供たちはそのお店がもっと好きになりますし、リラックスして食事ができたパパママはデザートを追加注文するかもしれません。子供たちはおとなしく遊んでいるので周りのお客様も友人と話しをしながら楽しい時間を過ごすことができるでしょう。

「どんなキッズコーナーがいいのか分からない」

「オモチャや遊具はどんなものが良いのか?」

「キッズスペースを作りたいけど店内にそんな広いスペースがない」

などお悩みでしたら私たちが解決できるかもしれません。

インストアキッズコーナーズ(IKC)の木製遊具はシンプルなデザインとカラーで店内の雰囲気にもマッチします。また遊具を壁面へ取り付ければ省スペースでキッズコーナーが展開可能!企業やブランドのカラーに合わせたオリジナル品の製作も可能です。

商品の情報や導入事例などをお知りになりたい方は無料カタログをご用意しております。下記のホームページから簡単に資料請求頂けます。また本コラムのトップページの一番下にある資料請求ボタンからもご請求頂けます。

お気軽にお問い合わせください!

IKCホームページはこちら

  

参考: