悲しくも衝撃的な子供に対する「心理レッスン」

「子供は大人の鑑(かがみ)」。まだ知識や固定観念の少ない子供たちにとって、身近な大人の発言はすべて“お手本”としてインプットされていきます。あなたのふと漏らしたその一言も、一人の人間の成長過程に大きな影響を及ぼすことがあるのです。今回はその重要性を再認識していただくため、実際に行われた差別教育についてご紹介します。

差別はこうして生まれた、青い目の子供VS茶色い目の子供

1968年、アメリカにある小学校3年生のクラスを舞台に、人種差別に対する心理学的な実験が行われました。詳細は、ぜひこの動画をご覧ください(日本語訳付き)。

ストーリー:

黒人であるキング牧師の暗殺をきっかけに、一人の女性教師はとある「差別レッスン」を行います。その内容とは、クラスに在籍する白人の子供たちを青い目と茶色い目で差別し、学校生活を送らせるというもの。差別される側は、目印になる「エリ」を首に巻き付けられたうえ、「能力が劣っている」「遊具を使ってはいけない」など、さまざまな差別を受けることに。その実験内容に動揺しつつも、子供たちの間には、たった15分で社会の縮図のような醜い力関係が生まれていき……。

ドキュメント動画から伝わる子供たちの悲しみ、そして、それ以上に衝撃的な実験の結末に、誰もが心を揺さぶられるに違いありません。

子供だけではない。実験結果が私たち大人に教えてくれるもの

このレッスンにより、子供たちは「実体験」として差別の悲惨さを知ることになりました。しかし、動画を見る私たち大人も知るべき事実があります。

影響力の強い人物の一言で、子供はいとも簡単に差別を肯定してしまう

この実験では、教師という、学校生活では最も影響力の強い人物の一言がきっかけになりました。もちろん家庭では、両親などがそれに当たります。差別問題に関わらず、あらゆる面で大人の固定観念が子供の思想を支配していないか、言動に細心の注意を払う必要があるでしょう。

置かれた環境により、子供の才能はすぐに左右されてしまう

「あなたはダメな人間だ」と言われれば、子供たちの能力は驚くほどダウンし、逆に「優秀だ」と言われれば、その能力はすぐにアップしました。その信じがたい影響力のスピードについては、動画のなかでも、スタンフォード大学の心理学部が認めたというコメントがあります。

子供は問題に対する本質ではなく、その対象物を憎む傾向にある

子供には、問題に対する本質を見極める力がありません。その証拠に、この実験では差別の対象物となった「エリ」を憎んでいます。子供をたしなめる際は、なんらかの対象物のせいにして誤魔化すのではなく、きちんと問題の本質を示すよう心がけましょう。例えば兄弟ゲンカなどで、安易に「年上の子が悪い」として治めてしまうと、悪いと言われたほうの子供(兄)はケンカの要因ではなく、年下の子(弟)の存在そのものを否定するようになります。

教育心理学を知ろう。「ハロー効果」と「ピグマリオン効果」

以上のような子供の傾向を学ぶため、教育心理学について知ることも効果的です。今回の例で言えば、「ハロー効果」と「ピグマリオン効果」が該当するのではないでしょうか。

ハロー効果

ある人物について、ある一面的な特性から、その人物の全体的な印象を決定すること。この実験では、冒頭に「茶色の目の子供は能力が低い」という印象を与えることで、「すべてにおいて劣った人間」という印象が作られていきました。つまり、大人が人の印象を語る際の言葉を、子供はその人の全人格として捉えてしまうこともあるのです。ですが、良好な対人関係を築くには、まず相手の良いところを見つめること。そういう習慣を学ばせるためにも、子供にはリフレーミングの技法を使って、ポジティブな言葉かけを実践しましょう。(例:大雑把→大らか、意地っ張り→意思が強い、優柔不断→慎重な など)

ピグマリオン効果

相手に対してある期待を抱いていると、知らず知らずのうちに相手に期待通りの行動をさせてしまうこと。この実験でも、「青い目の子供は能力が低い」と教師が発言することで、その後の学習テストでも能力が著しく下がっていきました。この効果を提唱したローゼンダールは、「人は常に相手の期待に対して、最も敏感に反応する」と述べています。子供の能力を見極め、適切な期待と関心を寄せましょう。

まとめ

実験を受けた子供たちの痛みが、その後の人生でも有益に活かされていることは、大人になった彼らのコメントからも伺い知ることができます。ですが、たとえこのレッスンを体験していない私たちでも、自分自身を振り返りつつ、改めて子供の教育・子育てについて考えてみることが必要ではないでしょうか。

 

参考:

ハロー効果とピグマリオン効果 ―教育心理学―(Veritas心理教育相談室)

「青い目茶色い目―人種差別と闘った教育の記録」(NHKワールドTVスペシャル) 著/ウイリアム・ピータース、訳/白石文人(NHK出版)